4月 30 2014

脳のエネルギーと効率よく補給するための食べ物


脳のエネルギーは何かご存じでしょうか。

実は脳のエネルギーはブドウ糖だけなのです。それゆえ非常に贅沢な臓器といえます。

そのうえ、一日120g、一時間に5gもの量を消費することから
大食らいの臓器とも言われています。

脳を使う……、頭脳労働のときはそれゆえ、
甘いものを食べながら作業をするのがいいようです。
ブドウ糖を含むものでもっとも効率よく吸収できるものは砂糖といえるのですが、
砂糖をそのままなめる、ということはまずわたしたちはしません。

そこで、砂糖が大量に含まれていて摂取しやすいものといえば、
あめ玉やチョコレートなどが上げられます。

ブドウ糖を摂取するときの注意点ですが、一度に大量摂取しても
すべてが栄養にはならないので少しずつ摂取しなければならないということです。
ということは口の中でなめつづけるることによって持続的にかつ少量ずつ
ブドウ糖を体の中に取り込めるあめ玉がいちばん適していると言えます。

ただ、小さいからといってあめ玉の食べ過ぎで過剰摂取にならないよう
注意しなければいけないですね。

4月 23 2014

cdせどりを効率良く行うためのツール


古本屋で仕入れた中古の本を、また別の古本屋へ持って行って
仕入れたときの値段よりも高い値段で売って儲けを得る
一連の流れを『せどり』といいます。

それこそ、一昔前までは『せどり』といえば古本で、
最も高値で買い取ってくれる店を様々な古本屋を渡り歩いて探していた時代ですが、

最近の『せどり』はパソコンでインターネットが繋がっていれば仕入れや出品が
ネットで出来るので古本屋にわざわざ足を運ばなくてもよくなったし、
古本だけではなくてcdやdvd、ゲームなど古本以外のものでも
『せどり』が出来る、便利な時代になりました。

しかし、楽になったのは「自ら足を運ばなくてよくなった」という点のみ。
商品のリサーチや出品、それぞれの商品価格の管理などにおける作業には
結局手間がかかってしまうのです。

『dvdせどり』や『cd せどり』に関しては
様々なジャンルに精通していないと辛いものがあります。

ですが最近、せどりにおける作業の一部を効率化することができるという
ツールも発売されているので、

これで少しは『せどり』への負担が減るのではないでしょうか。